「主(ぬーし)」五年古酒入り甕
※現在Helios Webshopにて販売中ですが、
 焼き物ですので、サイズ、形ともにいくつかの違いがございます。
 まずは一度、お問い合わせくださいませ。




カラカラ 高さ約95mm
---
小ぶりで底部が広く安定した形の酒器。
アルコール度数の高い泡盛を回し飲みする際の
必需品であったため、小ぶりで扱いやすいのが特徴です。
「カラカラ」という名前の由来はいくつかの説がありますが、
宴の席で酒の入ったこの器を
「借らー借らー」(沖縄方言で「借して」という意味)
と回し合ったのが由来といわれています。
一合チューカー 高さ約120mm
---
「チューカー」はカラカラと同じように
昔から親しまれている注器で、
様々な形状のものがあります。
お酒やお茶など、自由に使い分けながら
利用されていたようです。
焼酎で使われている「じょか」のルーツで
あるという説もある器です。

※主窯では、他にも数々の作品がございます。
 随時ご紹介してゆきますので、お楽しみに。

copyright(c)2005 Nushi-Gama.
主窯トップへ戻る思い歴史作品陶工雑記ヘリオス酒造HOME通信販売